甚大な被害をもたらす地震は予測できる時代|情報を入手しよう

作業員

事前にきちんと準備

男性

こまめにチェックを

日本は、大きなプレートが重なり合った場所にあるため、全国どこで大きな地震が起こってもおかしくありません。そのため、地震に対する危機意識を常に持ち、日ごろから防災対策をしておくことが必要です。最近は、地震予測技術が進歩したため、こまめに情報をチェックするだけで、ずいぶん危機意識を高めることができます。日頃から地震予測の情報に接するようにすることが、防災対策への第一歩です。また、事前に防災グッズをそろえ、すぐに逃げられるよう準備しておくことも大切です。職場と家の両方に防災グッズを置いておき、どこで何が起きても大丈夫なようにしましょう。防災グッズには水や乾パン、携帯食だけでなく、マスクやティッシュなどの衛生用品も準備しておくと良いでしょう。

避難場所も大切

防災準備として、グッズの準備も大切ですが、避難場所のチェックも非常に重要になります。防災の日に、防災訓練をして、自分がどこに逃げるのか、避難場所を確認しておきましょう。予測情報が出てから地震が来るまで、現状では数分間ほど時間があります。それまでの間に移動できる距離なのかどうかを事前に確認することが大切です。ものの数分間の間に避難所まで行けない場合には、地震がおさまるまで身を潜めていられる安全な場所がないか、確認しておきましょう。予測情報が出てからの短い時間の行動が、命を守ることにつながります。事前にしっかりシミュレーションしておくことが大切になります。

サイトを登録しておく

作業員

突然起きる地震を予測できるなら、前もって対策をすることできるようになるでしょう。地震の情報を提供しているサイトがあるので、まめにチェックしておくと防災に役立てられます。また、警報をすぐ確認できるように設定しておくのも良いでしょう。

ほぼ確実に来る

ウーマン

関東地震はいつか必ず来ますが、最近の予測技術は進歩し、地震の直前には確実に予測情報を出せるようになっています。人命を守るために、こうした予測情報は使えるので、情報を掲載しているサイトをお気に入り登録するなど工夫しましょう。

日頃の備え

困る人

地震は誰も予知できない、とても大きな災害です。日頃から身の安全を自分で確保する事と言えるでしょう。万が一災害が起きても安心なように防災グッズを準備しておく事が安全に避難できる一番の方法だと思います。